MENU

この世を生き抜く技術 カメレオンのように目立たないこと

スポンサーリンク
目次

幸せそうなみんながやっている、たった一つのこと

幸せそうな人がやっていることは、この生きづらい世の中の中で、我を張り過ぎないように、いいバランスで周囲に溶け込む方法を身につけて実践していることです。

カメレオンが目立たないように、周囲とそっくり同じような色になって、攻撃をかわすような行動のことです。

どんな人でも、みな生きづらさを抱えています。しかし、多くの人は表面上は社会でうまくやっているように偽装して、世の中に適応しています。

いろいろなことで生きづらさを感じている人は、この「周囲に溶け込む技術」の工夫をせずに、問題に直接対応しようとしてしまい、疲れ果てていることが多いのです。

うまく周囲に溶け込むことができるようになれば、悩みの多くは解決され、悩まなくても良かったと思えるかもしれません。

自分に与えられた条件で、今よりマシになれる方法を探す

手持ちのカードで勝負する方法を身につけられると、今よりずっと楽になります。

みんなと同じように努力しても結果が出ないのなら、みんなと違う努力の仕方を探す目線を、生き方に追加しましょう。

大切なのは、「自分にはできない」とあきらめることではなく、「自分には他の人と同じ方法ではできない」という事実を認め、「その代わりに自分にできること、方法」を見つけることです。

自分が置かれた状況で、自分にできることを見つけましょう。

自分に合わないやり方は、やらなくていいのです。自分に合ったやり方で目標を達成しましょう。

自分に「向いていない、できないこと」に時間を使うのは、時間と労力と気力の無駄です。苦労することがいいことではない場合もあるのです。

合わないやり方を、自分に合ったやり方へどう切り替えられるかを考え、それで目標を達成することに尽力しましょう。

人間は個人個人全て違うので、やり方も100人いれば100通りのやり方があるのです。100通りの目標設定があって当然です。

時には、「逃げる」「あきらめる」が「やるべきことになる」

やるだけ損をする場合は、なるべく早く逃げる、距離を置くなどの判断をすることも大事です。

あきらめないことの努力の方向が間違っていた場合、どれだけ努力しても本当に望んでいる満足は得られないかもしれません。

必要なときには、「逃げる」「あきらめる」という選択肢もあるのです。

努力してもどうしようもないことに対しては、早めに損切りをして、生きづらさを解消しましょう。

心を満たしてくれるもので、自分を埋め尽くす

自分のメンタルをすり減らすような行動は避けて、「心を満たしてくれるもの」を積極的に探し、実行しながら、それで日々の自分を埋め尽くして生活してみてもいいのではないでしょうか。

それがあれば自分の機嫌が良くなるようなアイテム、行動は何かを知り、それを使って心を満たしましょう。

自分の機嫌を取れるのは、自分しかいません。

将来のために今は自分の欲を抑えようという考え方は、自分を縛りつけ、がんじがらめの生活を強いることにもなり、生きるのが辛くなってしまいます。

楽しみのためにお金を使うことは、自分への投資。人生においては必要な経費です。

出典「ゆるメンタル練習帳」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる